2015/08/21 02:53:21 |

私たちが何かを経口摂取するとなると、しばしば量が重視されます。あまり量が多すぎると、ちょっと好ましくないとの意見もあるのです。なぜなら多すぎると、お腹の活動が活発になりすぎてしまう事があるからです。ちなみにその1つは乳酸菌です。
乳酸菌でアトピーの改善

 

摂り過ぎは下痢を招いてしまう事もある乳酸菌

 

乳酸菌のメリットは、お腹の活動を活発にしてくれることですね。大部分の菌類はお通じ改善が見込める訳ですから、ちょっと便秘になっている時には、その菌類を積極摂取する方が良い訳ですね。
現に一部の乳酸菌のサプリでは、数が重視されています。少ない数ではなく、何十億や何兆などの表現が用いられているケースも珍しくありません。

 

それを考えると、乳酸菌はある程度大量に服用する方が良いとの意見もあります。量が少なければ、効果も小さくなってしまうと考えられているからです。
確かに量が少なければ、効果も小さくなる傾向があります。そもそも経口摂取する乳酸菌の量が少なければ、腸まで届く数も少なくなるでしょう。
しかし、量が多すぎてもあまり良くありません。それは乳酸菌が色々な物質を作り出してしまうからです。

 

例えばその菌類は、酢酸などを生成する働きがあります。それは腸内環境の改善に力を発揮してくれる訳ですが、残念ながらあまり量が多すぎると、今度は活動的になりすぎてしまうのですね。またその菌類は乳酸という物質なども作ってくれるのですが、やはりそれも活動を過剰に活発化してしまう事があります。

 

お腹の中が過剰に活発になるとどうなるかと申しますと、下痢になってしまう事が多いのですね。必要以上に活発になることは、正直あまり良くないのです。下痢になってしまえば水分不足も懸念されますので、かえって体の調子が悪くなってしまう可能性があります。

 

ただしここで誤解が生じがちなのが、乳酸菌自体には害は無いのです。乳酸菌を多く摂取したとしても、その本体には特に問題は無いのですね。
問題なのは、その菌類が作り出す「物質」なのです。前述の酢酸や乳酸が多く作られてしまって、お腹の活動が活発になりすぎてしまうのです。別に乳酸菌の本体に悪い要素はありません

 

いずれにしても乳酸菌は、あまり多く摂り過ぎ無い方が良い訳ですね。ネットで入手する事ができるサプリメントの中には、かなり多くの乳酸菌が含まれている訳ですが、だからといってそれを大量に服用しない方が良いでしょう。前述のようにお腹が過剰に活発になってしまえば、ちょっと本末転倒な結末になってしまいかねないからです。

2015/07/28 22:10:28 |

乳酸菌は人間の体に対して色々とポジティブな効果が見込めるのですが、その1つに便秘があります。あまりお通じが良くないと、体はちょっとネガティブな状況になってしまいますね。しかしその菌を摂取すると、腸内の悪玉菌が減少する傾向があるのです。

 

 

悪玉菌が増えると便秘になりがち

 

 

そもそも腸の内部には、悪玉菌が生息しています。腸の内部に生息している菌類の中で、約10%程度は悪玉と言われています。その悪玉菌が活躍をしてしまいますと、人間は便秘になってしまうのだそうです。

 

しかも腸の内部には、悪玉菌の他に日和見菌と呼ばれるものが生息しています。悪玉菌が活躍をしてしまいますと、日和見菌が悪玉になってしまうのだそうです。腸内で悪玉が増えてしまえば、ますます便秘が加速してしまうでしょう。
ですので悪玉菌の数を減らすのが、便秘の改善の為にはとても大事なのですね。ではどうすれば悪玉を減らす事ができるかと言うと、その方法の1つが前述の乳酸菌です。

 

 

腸内を酸性に傾いて便秘が治っていく

 

 

乳酸菌の性質の1つに、酸の放出があります。正確に申し上げれば、有機酸と呼ばれるものを多く生成してくれる働きがあるのです。
それが放出されますと、腸の内は酸性に傾いていきます。そして前述の悪玉は、酸性の環境は苦手なのだそうです。それで体内から悪玉が逃げてくれて、便秘が改善されると言われています。

 

また前述の日和見菌なのですが、悪玉の数が減ってくれれば善玉に変化してくれる場合があります。腸内の環境が善に傾けば、もちろん体調はポジティブな状況になっていくでしょう。
ですので最近お通じが良くないと考えているような時には、ちょっと乳酸菌を積極的に摂取してみるのが良いですね。個人的には植物性の乳酸菌がオススメです。

 

出典・お肌の曲がり角はUターン【乳酸菌で昔の自分に】

2015/07/28 22:09:28 |

特定の地域では、腸内環境が良い方々が多く居住しているケースがあります。それには主に2つの理由があって、牛乳と漬物と特定エリアの方々の関係です。それらの食材に含まれている物が、人々に対して良い影響を及ぼしている事が多いからです。

 

 

大腸癌の発症率が低い滋賀県の方々とその理由

 

 

122575例えば以前に、滋賀県に関するデータが発表された事があります。その地域に居住をしている人々は、全国の中でも大腸癌になる確率が非常に低いのだそうです。

 

というのも滋賀県というのは、漬物が多く生産されています。特に野菜類の漬物が、非常に多い地域ですね。

 

その漬物の中には、植物性の乳酸菌が非常に多く含まれています。そのタイプの乳酸菌の場合は、胃酸に非常に強いですね。ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は動物性ですので、胃酸に溶かされてしまう傾向があります。

 

しかし植物性の場合はそれに強いので、腸に働きかけてくれるのでしょう。それで大腸癌が発症する確率も、大きく減っているのだと思います。

 

 

北海道に住んでいる方々も腸内環境が良い

 

 

134102それと、日本の各地には牛乳が多く生産される地域がありますね。例えば北海道などは、かなり牧畜が盛んです。サイロという施設など、非常に多く見られますね。

 

そして前述のヨーグルトの中には、もちろん乳酸菌が含まれています。ですので北海道エリアに居住をしている方々は、やはり乳酸菌の製品を摂取している事が非常に多いと推理できます。実際あの地域の場合は、乳酸菌の製品もよく売れているようですね。

 

このように乳酸菌を多く含む物が収穫される地域では、腸内環境が健やかな方々も非常に多いと推理できます。地域性と腸内環境というのは、やはり密接な関係があると個人的には思いますね。

2015/07/28 22:09:28 |

乳酸菌の商品を用いるようになった方々は、便通が改善されていることが非常に多いです。もちろんそれで、便秘などが改善されている事例も多々あるのですね。
ところでお通じが改善されている方々は、しばしばサプリメントが手放せなくなっているようです。なぜならサプリの服用を中断してしまいますと、お通じが元通りになってしまうケースがしばしばあるからです。

 

サプリを手放す事ができなくなるまでの流れ

 

例えばある時まで、ちょっと便秘がちだったとしましょう。なかなか便通が出てこないのは、精神的にはなかなか堪えるものです。しかもお腹が張ってしまうのも、困りがちですね。加えて、デトックスが促進されなくなってしまいます。お腹の中に老廃物が蓄積されてしまえば、もちろん色々とネガティブな症状が発生し得るでしょう。
それである時に、乳酸菌のサプリメントを服用したとします。それで多くの方々は、便秘が改善されているのですね。中にはサプリメントを服用によって、びっくりするほど便通が改善されている事例も見られます。すなわちそれが、サプリメントのメリットなのですね。
ところがサプリメントの服用を開始してから数ヶ月くらい経過したタイミングにて、その服用を中断してしまったとしましょう。そのような時には、また便秘になってしまう事例が見られるのです。つまりサプリメントが、お腹の中の環境を良くしているので、それが無いとお腹の中悪くなってしまう訳ですね。サプリを手放せなくなる訳です。

 

ビフィーナが手放せなくなった

 

ところで乳酸菌の商品の1つに、ビフィーナがあります。非常に有名な商品なのですが、それを服用している方々も上記のような経験をしている事があるのです。
今から5年くらい前に、ある方がビフィーナSを服用するようになりました。そしてその方は、だいぶお通じの調子が改善されたのですね。
ところがある時に、その方は何かの理由でビフィーナSを服用を一旦中断したのだそうです。それでまた便秘になってしまったようですね。それでは困るので、再度ビフィーナの服用を再開したところ、便秘の状態はまた改善されたようです。
つまりその方は、ビフィーナが必要不可欠になったのでしょう。それはすなわち、ビフィーナがお腹の中に対してポジティブな効果を発揮してくれていることの証明だと思います。そのような事例が1人でも見られる以上は、やはりビフィーナは大きな効果を発揮してくれるのだと考えられます。
ですので便秘で困っているのであれば、ちょっとビフィーナの服用を検討してみると良いでしょう。