乳酸菌の過剰摂取で便通がおかしくなってしまう理由

私たちが何かを経口摂取するとなると、しばしば量が重視されます。あまり量が多すぎると、ちょっと好ましくないとの意見もあるのです。なぜなら多すぎると、お腹の活動が活発になりすぎてしまう事があるからです。ちなみにその1つは乳酸菌です。
乳酸菌でアトピーの改善

 

摂り過ぎは下痢を招いてしまう事もある乳酸菌

 

乳酸菌のメリットは、お腹の活動を活発にしてくれることですね。大部分の菌類はお通じ改善が見込める訳ですから、ちょっと便秘になっている時には、その菌類を積極摂取する方が良い訳ですね。
現に一部の乳酸菌のサプリでは、数が重視されています。少ない数ではなく、何十億や何兆などの表現が用いられているケースも珍しくありません。

 

それを考えると、乳酸菌はある程度大量に服用する方が良いとの意見もあります。量が少なければ、効果も小さくなってしまうと考えられているからです。
確かに量が少なければ、効果も小さくなる傾向があります。そもそも経口摂取する乳酸菌の量が少なければ、腸まで届く数も少なくなるでしょう。
しかし、量が多すぎてもあまり良くありません。それは乳酸菌が色々な物質を作り出してしまうからです。

 

例えばその菌類は、酢酸などを生成する働きがあります。それは腸内環境の改善に力を発揮してくれる訳ですが、残念ながらあまり量が多すぎると、今度は活動的になりすぎてしまうのですね。またその菌類は乳酸という物質なども作ってくれるのですが、やはりそれも活動を過剰に活発化してしまう事があります。

 

お腹の中が過剰に活発になるとどうなるかと申しますと、下痢になってしまう事が多いのですね。必要以上に活発になることは、正直あまり良くないのです。下痢になってしまえば水分不足も懸念されますので、かえって体の調子が悪くなってしまう可能性があります。

 

ただしここで誤解が生じがちなのが、乳酸菌自体には害は無いのです。乳酸菌を多く摂取したとしても、その本体には特に問題は無いのですね。
問題なのは、その菌類が作り出す「物質」なのです。前述の酢酸や乳酸が多く作られてしまって、お腹の活動が活発になりすぎてしまうのです。別に乳酸菌の本体に悪い要素はありません

 

いずれにしても乳酸菌は、あまり多く摂り過ぎ無い方が良い訳ですね。ネットで入手する事ができるサプリメントの中には、かなり多くの乳酸菌が含まれている訳ですが、だからといってそれを大量に服用しない方が良いでしょう。前述のようにお腹が過剰に活発になってしまえば、ちょっと本末転倒な結末になってしまいかねないからです。