漬物や牧畜が盛んな地域と腸内環境との関係

特定の地域では、腸内環境が良い方々が多く居住しているケースがあります。それには主に2つの理由があって、牛乳と漬物と特定エリアの方々の関係です。それらの食材に含まれている物が、人々に対して良い影響を及ぼしている事が多いからです。

 

 

大腸癌の発症率が低い滋賀県の方々とその理由

 

 

122575例えば以前に、滋賀県に関するデータが発表された事があります。その地域に居住をしている人々は、全国の中でも大腸癌になる確率が非常に低いのだそうです。

 

というのも滋賀県というのは、漬物が多く生産されています。特に野菜類の漬物が、非常に多い地域ですね。

 

その漬物の中には、植物性の乳酸菌が非常に多く含まれています。そのタイプの乳酸菌の場合は、胃酸に非常に強いですね。ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は動物性ですので、胃酸に溶かされてしまう傾向があります。

 

しかし植物性の場合はそれに強いので、腸に働きかけてくれるのでしょう。それで大腸癌が発症する確率も、大きく減っているのだと思います。

 

 

北海道に住んでいる方々も腸内環境が良い

 

 

134102それと、日本の各地には牛乳が多く生産される地域がありますね。例えば北海道などは、かなり牧畜が盛んです。サイロという施設など、非常に多く見られますね。

 

そして前述のヨーグルトの中には、もちろん乳酸菌が含まれています。ですので北海道エリアに居住をしている方々は、やはり乳酸菌の製品を摂取している事が非常に多いと推理できます。実際あの地域の場合は、乳酸菌の製品もよく売れているようですね。

 

このように乳酸菌を多く含む物が収穫される地域では、腸内環境が健やかな方々も非常に多いと推理できます。地域性と腸内環境というのは、やはり密接な関係があると個人的には思いますね。